トップ > 東棟 > フロアスペック

広大な無柱空間が創造する新しいビジネススタイル

外観オフィスフロアレイアウトプランフロアスペック

ビジネスの機能性を高める先進のオフィススペック。

オフィスフロア

東棟 基準階オフィスフロアイメージ

B グリッドシステム天井

600mm×600mmのグリッドシステム天井を採用。また、3.6m×3.6mのモジュールの中に、照明・空調吹出口をユニット化しており、間仕切りの設定やレイアウト変更にフレキシブルに対応できます。

グリッドシステム天井イメージ

自動調光システム(明るさセンサー付)

センサーが外光による周囲の明るさを検知し、机上が常に一定の明るさになるよう自動制御することで、省エネルギーに貢献します。

A Low-Eペアガラス

優れた断熱性・遮熱性をもつLow-Eペアガラスを採用し、日射による空調負荷を軽減します。また、簡易エアフローシステム及び自然換気システムを採用し、室内の熱負荷低減を図ります。

C 天井高 2,900mm

天井高はゆとりのある2,900mmを確保。開放感のある伸びやかなオフィス環境を実現しています。

OAフロア 高さ150mm

高さ150mmのOAフロアを標準装備。レイアウトの自由度を確保するとともに、将来的なIT技術の進歩にもフレキシブルに対応します。

ヘビーデューティーフロア

2階はヘビーデューティーフロアとし、貸室内の床荷重は1,000kg/m²、OAフロアは高さ300mmを確保しています。

床荷重 1,000kg/m² ヘビーデューティーゾーン(一般ゾーン:500kg/m²)

床荷重はヘビーデューティ-ゾーンで1,000kg/m²(一般ゾーン:500kg/m²)を確保しています。

空調

基準階 空調ゾーニング図

空調システム

1フロアにおいて、44ゾーン毎に細やかな温度・風量の個別制御が可能です。
窓際のぺリメータゾーンはインテリアゾーンと別系統の空調とし、効率的な空調方式を採用しています。

空調増強対応

空調を増強する場合の対策として、室外機増設スペースを設けています。

電力

安定した電力供給

信頼性の高い、スポットネットワーク受電方式を採用。更にバックアップとして、テナント専用の非常用発電機設置スペースを確保しています。(オイルタンク実装)

コンセント容量 70VA/m²

OA機器の大量導入に対応できるコンセント容量70VA/m²を確保しています。
増量対応も可能です。

耐震性能

免震構造概念図

高い耐震性能を誇る免震構造

再開発エリアは、強固な地盤に立地しているため、基礎形式として直接基礎を採用。
また、免震装置を採用し、高い耐震性能を確保しています。

セキュリティ

4段階セキュリティイメージ

非接触型ICカードによる入退出管理

非接触型ICカードを採用し、各オフィスへの入退出を24時間管理します。

4段階のセキュリティゾーン

①オフィスロビーのフラッパーゲート(オプション)
②フロア無人時のエレベーター不停止制御
③各階エレベーターホールへのセキュリティ扉の設置(オプション)
④オフィス入口
の4箇所にセキュリティ機能の設定が可能です。

概念図

※掲載内容は2012年10月現在のものであり、今後の検討・行政協議によって変更する可能性があります。
※完成予想CGは図面を基に描いたもので、実際とは異なる場合があります。イラストはイメージです。
※面積は小数点以下切り捨てで表記しています。

外観オフィスフロアレイアウトプランフロアスペック

次世代のオフィスを考えるマガジン PARK OFFICE LABO

例えばこんな働き方も NAKANO WORK STYLE

当ビルに関するお問い合わせ・ご相談は
03-3274-1971東京建物株式会社 ビル営業推進部営業時間:平日9:00 〜 17:30(年末年始休業)

お問い合わせはこちらから